岩手☆大沢温泉自炊部「 湯治屋 」宿泊。宮沢賢治ゆかりの宿!



岩手県花巻市にある温泉宿。
花巻南温泉郷:大沢温泉自炊部「 湯治屋 」に宿泊してきました


oosawa.JPG

人気宿ですが、ゴールデンウィークで急遽行くことにしたにもかかわらず、奇跡的に予約を取ることができました!!!
湯治屋には、日帰りで何度か来ているのですが、宿泊は初めてです。

そして、人生2度目の湯治宿。
以前泊まった湯治宿は、「 水沢温泉郷 露天風呂水沢温泉 」なのですが、そこは湯治宿と言っても、部屋にトイレ、洗面台もついてる現代的な湯治宿。

湯治屋は、トイレも洗面台もない。。
大丈夫か??わたし・・・。
ちょっと不安ですが、泊まってみましょう!!

しかし、私は・・今回、殆ど写真を撮ってません!!興奮しすぎたのか??(笑)
なんだか、初めてのことだらけで、舞い上がっていたのかもしれませんww

少ない画像ですが、頑張って記事書きます(笑)


heya.JPG


通されたお部屋は、「 若葉荘 」
そして、鍵付き!

湯治屋は鍵がついてないとの情報だったのですが、何部屋かついてるらしい。
まあ、湯治屋フリークからは、邪道だ!!という声が聞こえてきそう・・・

私が泊まった部屋は、ちょっと雰囲気が違いましてね。


buroo.JPG

殆どの部屋が、このような雰囲気の中・・

わたしたちが泊まった廊下は↓


waka.JPG

ここも充分レトロだけども、先ほどの写真に比べたら現代的でしょ。

わかんないけど、きっと、湯治屋フリークはこれじゃないんだろうな。
そうなんでしょ?そうなんだろう?だろう??

っていうか、私もこんな感じじゃないと思ってたんだけどね。
もっと、廊下を歩く軋む音や、隣の話し声が丸聞こえなとことか体験したかったんだけどねw
でも、ここ通されたんでw

しかーし!!結果、鍵付きの若葉荘でよかったよ!!
やっぱり、鍵がついてるって安心だし、便利でした。
隣の声も、聞こえるものの、丸聞こえって感じではない。

障子のあるレトロな雰囲気も探検で感じられたし(笑)
この次泊まるときも、この鍵つき若葉荘にしてもらうかもしれないです^^


heya.JPG

床がぶよぶよしてるとこがあるけど、この宿では気になりません(笑)
むしろ味となっています。

布団は借りるのだけど、マットレスもつけてもらいました。



beer.JPG


空の冷蔵庫があります。
これに持参した飲み物を詰め詰め。

殆どが酒っていうね
大きめの冷蔵庫で、自炊しても数日は大丈夫そうなサイズです。

全然関係ないけど持参したCOEDOビール、めっちゃ旨かった!!(笑)
これ、ちょくちょく買っちゃう美味しさだわ~♪


keshiki.JPG

宿の廊下から見える風景。
混浴露天風呂からの景色に近いと思います!
女性専用時間が夜だけなので、日中この景色を見ながら浸かってみたいな~。


お風呂の前に、車に忘れ物を取りに行くついでに、宿の敷地内にあるお社を散策。


fuusya.JPG

風車があるよー。


oosawao.JPG

ひゃっ!
男性のシンボルが。。
春には、金精まつり・・・なんてのも大沢温泉で催されるようです。。




jinnja.JPG

こっちにもミニシンボル(笑)




kawa.JPG

カエルさんにホッとします。。




sannsui.JPG

お隣、高級旅館「 山水閣 」
湯治屋とは、館内に通路があり繋がっています。


さて、宿に戻って温泉に浸かりますか!

利用できる浴室は、男性が3か所。女性が4か所。
男性には、男性専用の露天風呂がないんです。男性が露天風呂を利用するには混浴露天風呂だけです!!


♨源泉掛け流し:あり
♨露天風呂;あり
♨サウナ:なし
♨泉質:アルカリ性単純泉


刺激が少なく、優しい泉質です。

toyo.JPG

toyosa.JPG

はじめは、山水閣にある「 豊沢の湯 」に入ります。
ここの浴室にだけ、シャワーがあるんですよ!

髪を洗いたかったので、こちらを先に利用しました。

が!!!しかし!!!
今まで、見たことがないくらいに混んでいる・・
体を洗い、後からまたゆっくりと髪を洗おうと思ってたら、どんどんどんどん人が入ってきて、カラン待ちで立っている人が続く・・・。
カランが空くのを、湯舟に入りながら、待っていたんですが・・30分以上も待っても空かない。

のぼせるわっ

豊沢の湯は、半露天風呂で、景色が良くて、好きな浴室なんですが、さすがにのぼせるっちゅねん。
私は、髪を洗うのを諦め、部屋の戻ることに・・・


部屋についたら・・誰もいねぇ
鍵も持っていかれてる・・・部屋に入れない。

鍵、一個しかないからね。

私は思った。
鍵付きじゃないほうが、やっぱ良いのかも・・??

別の浴室に行こうとも思ったが、体調が悪いのか、のぼせそうな予感がしたのでやめておく。
もうちょっと休んでからがいい。

待合室で、ボーっと待つことに。

なんとか合流して、あっという間に夕食の時間。
今回は、一泊だし、宿の食堂でいただくことにしました

yaghagi.JPG

御食事処「 やはぎ 」
混むと聞いていたので、早めに行って並ぶ。
私たちは、2番目。


yaghagio.JPG

美味しそうな写真が掲示されてます♪


まずはビールしてから、あれこれと注文。

・・・写真、殆ど撮ってない・・・


buro.JPG

唐揚げがボリュームたっぷり。

kimu.JPG

キムチがセルフで食べ放題。
この大根のキムチが旨すぎて、何度もお替りしちゃった。

もう・・もう・・写真がない!!(笑)

この他に、ゴボウの揚げたのとか、ホヤの刺身、焼き鳥、馬刺し、ホルモンの煮込み、田舎そば・・などなど頼みました。
値段もそんなに高くなくて良心的かな。

私たちが席に着いてから、どんどんお客さんが来たので、早めに行くことをおすすめします。

しかし・・食べ過ぎて苦しい!!
部屋に戻って、お腹を休める。

だって、もうすぐ、混浴露天風呂「 大沢の湯 」の「 女性時間 」があるのですから!
これのために泊まったといっても過言ではない。

女性時間は、夜の8時から9時までの一時間。
    
気が早い私は、早めに着いて、一番乗り。時間になるまで待ちます。
数分すると、どんどん女性陣がやってきます。長蛇の列ができている(笑)


女性専用の脱衣所は狭い。
外にも棚があって着替えることができます。
女性時間なので、安心して利用することができます。

昼の「 大沢の湯 」は利用したことないけど、夜は薄暗いライトで照らされて雰囲気があります。
同じ浴槽で、熱めとぬるめが左右で分かれている。

ぬるめエリアもそこそこ熱い。
長湯ができないな。体調によって平気な時あるけど、今回は無理せず、15分くらいであがる。

向かいには休業中の「 菊水館 」の館内の明かりが点けられており、これがいい雰囲気を醸し出しているのよね。

そういえば、菊水館。橋の崩落により休業中なのですよ。
この菊水館が営業していれば、もうひとつ利用できる浴室が増えることになります。
一度、日帰りで利用したことがありますが、こじんまりとした木造りの浴室でホッとする空間になっています。

早く橋の復旧ができるといいですね。


朝は早く起きて、前日に激混みで洗えなかった髪を洗いたいのでシャワーのある豊沢の湯に再び行く。
まだ5時だというのに、先客が数人。
その後も、後から後から入ってくる。

朝の露天風呂はいいねぇ。半露天風呂だけど、十分ですよ~~
気持ちいい風に吹かれながら、川のせせらぎを聴いて浸かる温泉は最高だ。
新緑の緑にも癒される



ここで・・私は、言わなければいけないことがある。
残り2か所の浴室を利用しないで帰ってきたのである!!

内風呂の「 薬師の湯 」と女性専用露天風呂の「 かわべの湯 」に浸からないで帰ってきたのさ

ちょっと・・いやかなり心残りであるが、何度か日帰りで来たことあるし~
混浴露天風呂は女性時間で浸かることもできたし~私的には満足ですっ!!

今回は思ったよ。
湯めぐりできる宿は、最低でも2日は宿泊したいな・・と。
温泉のことばかり考えてると、ゆっくりできなくて逆に疲れちゃうこともあるかな~なんて。
今度、湯治屋に宿泊するときは2日以上泊まって満喫したいと思います♪


suto.JPG


宿の階段に並べられたストーブ。
今は暖かくなったので、利用するがいないのでしょうね。
今度泊まるときは、冬に来たい!!

ストーブ炊いて炬燵でぬくぬく、ゴロゴロ。
うん。やっぱりこの次は冬だな!

大沢温泉自炊部「湯治屋」【楽天トラベル】

大沢温泉自炊部「湯治屋」【じゃらんnet】

湯治屋
住所:岩手県花巻市湯口大沢181
電話: 0198-25-2315






この記事へのコメント